地震速報・津波速報を伝えるメディアに心遣いを見た

朝起きて、テレビをつけたら地震とそれに関する地震の情報を伝えていた。地震発生時刻から逆算するとものの2、3分でニュースに載せたことになる。このスピードもすごいし、津波の高さの予測も細かい。日本という小さな国でこれほど細やかに伝えてくれるのはありがたいし、他の国にはマネできないんじゃないかと思う。さらに時間を追ってみていると、地震の詳しい情報が追加されるたびに、地震規模や津波の到達予想修正が随時行われていた。非常事態こそ、情報が命綱と思った。
中でも今回のテレビでは今までと大きく違って感心した点がある。それはテロップの多さ。今までないなと思った点の一つは「TSUNAMI」の文字。英語にも似たような言葉はあるが「flood(洪水)」で津波とは異なる。近年世界語になりつつある「TSUNAMI」は外国出身の人にも分かりやすいのだろう。さらに日本語のテロップには振り仮名のあるものが多かった。子どもでもひらがなさえ読めれば内容がわかる。より多くの人に伝えようという努力が見えたと思う。すっぽん小町 ドラッグスト

地震速報・津波速報を伝えるメディアに心遣いを見た