梅雨のタイミングは割り切って乾燥機会を次々融通

梅雨のタイミング、洗濯グッズがかなり干せません。
それで我が家の洗濯乾燥好機は乾燥使い道フル活用中だ。
がんらい、梅雨ピークも洗濯して一気に乾燥できるようにといった購入した洗濯乾燥好機。
も、東日本震災という福島原発災厄以後、省エネを強く意識するようになり、乾燥好機もなるべく使わないようにしていました。
けど、梅雨ピークだけはそんなにもいきません。
この時期だけは割り切って、乾燥好機を毎日のように回し洗濯に勤しんでいらっしゃる。
たまたまギリギリでまだクーラーを使わずにすんでいるので、電気代はそんなに激しくならずに済みます。
乾燥好機を使わずにすむようになるとの取り換えでクーラーを使うようになるという感じですね。
電気代は6月収から9月収ぐらいまで、平時から丸ごと昇る予想。
でも、いまどきの節約家電なので、以前のように電気代が月に10000円超えて仕舞うようなことはざっとなくなりました。
他の割り当てでペラペラ省エネやることもあり、まあ洗濯乾燥好機ぐらい仕方ないかなあと思えるようになりました。脱毛ラボ vio脱毛

梅雨のタイミングは割り切って乾燥機会を次々融通

白砂糖をてんさい糖に替えてもそんなに食費には響かなかった

健康のため、我が家で使う砂糖は、白砂糖からてんさい糖に替えました。
白砂糖は1kgで198円ほど、一方てんさい糖は700gで400円ほどとかなりお高いです。
でも、砂糖って実は我が家ではそんなに使わないんですよ。
700gのてんさい糖を使い切るのに2ヶ月ぐらいかかりますかね。
従って、食費への影響は、2ヶ月で200〜300円増程度。
そんな程度だったら、健康のためにてんさい糖に切り替えた方がいいですよね。
てんさい糖は、別名砂糖大根とも呼ばれている甜菜という根菜から作られるため、白砂糖と違って体を冷やしません。
冷え性の私にはうってつけの砂糖なんです。
しかも、オリゴ糖が含まれているので、ヨーグルトと一緒に食べると乳酸菌が増えやすく腸内環境が良くなるらしいです。
もちろん摂り過ぎはよくないですが、我が家の消費量を見るとそんな心配はなさそうです。
いくら健康のためでも、あまりに高い調味料は使えませんが、てんさい糖なら家計の負担にはならないので、メリットは大きいです。肥後すっぽんもろみ 売ってるところ

白砂糖をてんさい糖に替えてもそんなに食費には響かなかった